タクシー運転手で頑張る日々の記録


by iv40szbdnk

放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定−奈良地裁(時事通信)

 知人に指示し工事現場の休憩所に放火させたとして、非現住建造物等放火罪に問われた指定暴力団山口組系組幹部前田建二被告(44)の判決公判が19日、奈良地裁であった。石川恭司裁判長は「放火の共謀は成立しない」として、懲役4年の求刑に対し無罪を言い渡した。
 前田被告は、知人男性(43)=同罪などで実刑確定=と共謀、2008年3月31日午前1時ごろ、工事受注をめぐりトラブルになった建設会社の工事現場の休憩所に、知人男性に指示してガソリンをまかせ放火させたとして起訴された。
 公判で被告弁護側は起訴内容を否認、放火は指示していないと主張していた。 

【関連ニュース】
死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡
自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害
恐喝未遂容疑で男逮捕=被害男性は自殺
家族3人、放火殺人容疑=35歳長男逮捕
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕

<普天間>北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明(毎日新聞)
なぜ殺害し、現場に火をつけたのか…「半落ち」の女子大生殺人犯(産経新聞)
<三笠宮さま>白内障で入院 17日に手術(毎日新聞)
女子大生のスカート内を盗撮容疑、自衛官逮捕(読売新聞)
強風でシャッター外れ、3人軽傷 東京・調布(産経新聞)
[PR]
by iv40szbdnk | 2010-03-23 17:27